転職に役立つおすすめの資格|職種・業種別資格一覧

転職時に役立つおすすめの資格を、職種・業種別で合わせて紹介します。

おすすめの資格:営業職

〈普通自動車免許第一種〉。日本の公道で自動車及原動付自動車を運転するために必要な資格免許。

〈営業士検定〉。基本的な営業業務。営業従事者に関する全般的な基礎知識の理解を証明する資格。

〈セールスレップ資格認定〉。営業従事者に必要なマーケティング知識や営業技術、生産や商品開発などの営業知識を磨くことができる資格。

〈宅地建物取引主任者〉。宅地または建物の売買、交換、賃借の取引に対して、購入者等の利益の保護、及び円滑な宅地または建物の流通に賃するよう、公正かつ誠実に法に定める事務を行うための国家資格。

〈中小企業診断士〉。業種・職種に共通して当てはまる、「企業の売り上げを伸ばし、コスト削減、利益を上げる」ための最適な提案をするための国家資格。

〈ファイナンシャルプランナー〉。節約、税金、投資、住宅ローン、不動産、教育、老後、相続など、お金に関するエキスパートアドバイザー。

〈TOEIC〉。国際コミュニケーション英語能力テスト。英語による、コミュニケーション能力を証明するための資格検定。

詳しく知りたい!

おすすめの資格:事務職

〈簿記資格〉。個人商店・大企業などでは、経済活動のお金の流れを、一定期間ごとのルールに従い、記録・計算・整理をする必要がある。そのルールを学ぶことができる資格。

〈秘書検定〉。社会人としてのマナーや一般常識など、基礎的な知識を得ることができる。

〈MOS〉。マイクロソフト オフィス スペシャリストの略で、ワード・エクセル技能を備えているという証明する国家資格。

〈社会保険労務士〉。人事・労務管理・年金の専門家として、年金・医療・雇用保険といった様々な分野で活躍できる国家資格。

〈行政書士〉。弁護士や司法書士などの法関連の国家資格。中でも、業務独占資格と呼ばれ、医師などと同じで資格を持っていないとできない業務を行うことが許される。

詳しく知りたい!

おすすめの資格:サービス・販売職

〈インテリアコーディネーター〉。快適な住空間を創造する「住まいのスペシャリスト」を証明する資格。

〈リテールマーケティング販売士検定〉。接客法、マーケティング、商品の仕入れ管理、売り場作りなど。「小売店舗のみだけでなく、流通業界でも活躍できる販売のプロ」としての能力を証明する資格。

〈カラーコーディネート〉。様々な多彩な色の中から、微妙な色の違いを見極め、効果的に色をコーディネートできるスキル資格。

詳しく知りたい!

おすすめの資格:医療・福祉・介護職

〈歯科助手〉。受付や会計の仕事に加え、医療の現場もアシストを証明することができる資格。(歯科医師に器具を渡したり、患者さんに声をかけてリラックスさせてあげたりします。)

〈看護助手〉。医療や採決、注射などは行わず、医師、看護師、などを基本的な医療のサポートをする資格です。

〈登録販売者〉。ドラッグストアや薬局などで一般用医薬品(風邪薬や鎮痛剤など)の販売ができる医療品販売専門資格です。

〈社会福祉士〉。高齢者や障害者など福祉サービスを必要とする人の相談に応じて、助言や援助を行うのが仕事であり、福祉サービスの専門家です。

〈福祉住環境コーディネーター〉。高齢者や障害者にとって「安全で安心して暮らせる住まい」を提案するアドバイザーを証明する資格。

詳しく知りたい!

おすすめの資格:建築・土木職

〈2級建築士〉。建築法に基づき、建築物の設計、及び工事の監理を行う仕事をするための資格です。

〈マンション管理士・管理業務主任者〉。建築職だけではなく、様々な分野で活躍できる建設業界注目の国家資格。

〈危険物取扱者〉。燃焼性の高い品を取り扱う専門家資格。

〈2級土木施工管理技士〉。建築工事が安全かつ予定通りに進行するように、土木現場で働く様々な業者を統括する業務をするための資格です。

〈電験三種〉。電気に関する知識と技術を証明する国家資格。発電所や変電所、工場やビルの受電設備や配線など、電気設備工事・保守・運用に関する保安監督が主な仕事。

詳しく知りたい!