内定後に転職を決断するか悩む人へ。後悔しない為に3つの確認事項

転職活動を始め、無事に内定先が決まったけど、本当に転職を決断するか悩む人はいると思います。

転職理由は人それぞれでしょう。人間関係だったり、収入や仕事内容、通勤時間など、理由は様々だと思います。

転職の決断を悩む人へ。3つの確認事項

内定先が決まったのに、「本当に転職していいのだろうか、、、」と悩む人や、決断に悩みを抱えている人に向けて、後悔しないための確認するべきことを3つ紹介します。

確認事項1:転職理由を再確認

始めに確認してほしいことは、転職理由の再確認です。

様々な原因があり、毎日悩みに悩んで、転職という選択肢に辿り着いたと思います。

人間関係が問題だったり、仕事内容が合わなかったり、給料が不満だったのか。転職の原因は何だったのか再確認する必要があります。

人間関係が原因?

転職の理由が人間関係の場合、どの人が要因だったのか思い出してみてください。

上司や先輩、同期、他部署の人。または、上層部・幹部クラスの人達。誰が要因で何が原因なんでしょうか?

もしくは、自分に非が合ったのではないか、、、。

仕事内容が原因?

仕事内容に悩む人は、何が原因なんでしょうか。

やりがい、環境(デスクワーク、接客サービス、肉体労働)又は、管理的役職からの精神的苦痛。あなたはどれに当てはまりますか?

あなたが合わなかった内容を基に、あなたが合う内容はどれになるか考えてみてください。

収入・福利厚生が原因?

転職理由の中には、収入や福利厚生が不満で転職する人もいるでしょう。

仕事内容に相対する収入は納得した金額なのか。福利厚生を見直してみて、不満になったのか。

あなたの納得する基準に合わせて、思い返しながらみてください。

確認事項2:本当に転職していいのか?

確認事項1で転職理由を再確認したと思います。次は、転職を本当にしていいのかを考えます。

本来なら、現職と転職先を比較してから、転職を決断する人が多いかと思います。

ですが私は再確認した内容を基に、「本当に転職していいのか」を自分に問いかける事をお勧めしています。

何故、先に問いかけるか?

先に現職と転職先を比較してしまうと、安易な考えから現職を離れてしまう可能性があるからです。

転職を考えている時は、冷静さが少し欠けています。何かしら現職に不満があり、転職活動を始めると思います。

冷静さが欠けていれば、内定先の給料や福利厚生が少しでも良ければ、簡単に決断してしまう可能性があるのです。

冷静さが欠けている。

何故、冷静さが欠けているのか?

それは、様々な不満からくる現象です。考えが悲観的になり、現職の不満しか見ていない状態に陥っているのです。

不満が重なりに重なって冷静な判断ができなくなっているのです。

冷静になり決断

ここまで冷静に考え、判断ができたのなら、後は決断を下すだけです。

現職に留まるか?内定先に転職するか?判断するのです。

もし、内定先でも同じような内容で転職を繰り返すことが無いように、現時点で何が原因で転職するのか明確にしておくべきです。

確認事項3:内定先は自分に合っているのか?

確認事項1「転職理由を再確認」→確認事項2「本当に転職をしていいのか?」→そして最後に「内定先が自分に合っているのか?」を考えます。

冷静な分析・判断による、決断です。

転職理由を基に決断

転職理由を再確認したと思います。様々な理由の中で、あなたが不満に思っていることを基に考えてみてください。

考えるのは2つです。

「現職に改善余地がないのか?」と「内定先への転職が最善なのか?」を考えるのです。

改善余地がない?

あなたの不満が、現職では改善のできる余地がないのかを考えてください。

転職した後では、のちに後悔する可能性があります。

人間関係が原因なら、部署の移動や仕事場の環境を変える方法はないのか?

収入が原因なら、資格手当があるのかどうかを調べて、資格を取るという手もあります。

資格一覧

転職は最善なのか?

内定後に転職先は現職と比べて、どれくらいメリットがあるのかを考えてみてください。

現職の仕事内容、収入、福利厚生。様々な要因を基に、内定先ではあなたが納得する基準になっているかどうかを確認してみてください。

確認した上で、最善だと判断したのなら、転職をするべきです。

まとめ

以上が、内定後に転職を決断するか悩む人へ向けて、後悔しないため3つの確認事項を紹介しました。

3つの確認事項と書きましたが、実際に掘り出していくと、3つでは足らなかったかもしれません。

私が書いている内容も大きく分けて3つになっていたかと思います。ですが、それだけ転職への考え方は冷静に判断するべきことなのです。

確認方法として、もう一度書いておきます。

確認事項1「転職理由の再確認」→確認事項2「本当に転職をしていいのか?」→確認事項3「内定先は自分に合っているのか?」です。

「転職したが、後悔した」なんてことにならないために、冷静な判断・分析が重要です。勢いだけで転職をしては行けません。


10代・20代の転職におすすめの転職サイト・エージェント・資格とは?

転職に役立つおすすめの資格

転職に役立つ書籍