転職しないほうがいい人はどんな人?転職を避けるべき人3選

転職しないほうがいい人はどんな人なのか。転職を避けるべき人は、どんな人なのか紹介しています。

転職を避けるべき人:周りの影響で辞める

会社で働いていると、別の会社を見つけ転職していく人や、退職を決意し会社を去っていく人を見ることがあると思います。

転職を考えている時期は悲観的であり、現職にマイナスのイメージしか持っていません。

周りがどんどん転職していく様子を見ていると、自分自身も「転職したほうがいいのではないか?」と、考えてしまうのです。

そんな状態で現職を辞めてしまっては後悔が残ります。

辞めてから、「辞めないほうがよかった、、、。」と、後悔しないように冷静に行動するべきです。

転職を避けるべき人:不満だけしか見ていない

仕事をする上で、いろんなことが起こると思います。

上司からの無理な要求、同期の出世、正当な評価をしてくれない、給料が低いなど。様々な要点があげられます。

現職の不満な部分だけを見てしまい、転職を決断する人は大変多くいらっしゃいます。その中でも、転職して後悔している人がいるのも事実です。

となりの芝生は青く見える。その通りなのかもしれません。

転職する前に、まずは現職の不満意外に良い所を思い出してみてください。勢いだけで転職しては、後悔が残るだけです。

転職を避けるべき人:漠然とした目標

仕事で嫌なことや、やりがいがなくなることがあると思います。

嫌なことがあった後では、自分でやりたいことが漠然と出てくる時があります。

今の仕事は別にやりたいことではなく、「他にやりたいことがあるのではないか?」と、考え思い込んでしまうのです。

そうしたことから、漠然とした目標を立ててしまって、勢いのまま退職してしまう。そんな方もいらっしゃいます。

しっかりと考えた上での目標ならその道に進むべきです。ですが、漠然とした目標だけで転職するのなら、退職後に後悔することになるでしょう。

それでも転職したい!

以上の「周りの影響で辞める」「不満だけしか見ていない」「漠然とした目標」をしっかり考えた上で、それでも転職を考えたい。

そういう人がいるのなら、それは転職を考える時期が来たということです。

現状に満足せずに前に進む向上心がある人ならば、私は止めはしません。逆に転職するべきだとおすすめします。

悲観的な転職からは、何も良いことはありません。前職と現職を比べてしまい、ただただ後悔するだけです。

転職した後に後悔しないように、しっかりと冷静な判断ができる上で転職をするべきだと後押しいたします。


10代・20代の転職におすすめの転職サイト・エージェント・資格とは?

転職に役立つおすすめの資格

転職に役立つ書籍