何となく転職でもいいと思う。転職をするときは考えすぎるな!

何となく転職

現代の日本では転職があたりまえのように繰り返されていますね。

特に年齢が20代の世代は離職率が近年で大幅に上がっており、20人に1人が転職する状況になっているのです。(2012年~2016年参照)

ひと昔前の考え方では、一回入社した会社を辞めて別の会社に転職するのは、仕事から逃げたといわれていました。

ですが、現代では働き方に自由性が求められ、長く一つの企業に勤めることが少なくなってきましたね。

年齢が40代以上の年を行かれている人は、昔ながらの考え方が多い印象です。

仕事の考え方が時代とともに変わりゆくことは自然な事だと僕は思います。

実は僕も退職して現代進行形で転職活動中です。

退職しようと思った理由は、何となく転職しようと思っただけですよ。

確かに転職といえば、仕事で人間関係がうまくいかなかったり、仕事が自分に合わなかったりするものですが、僕の場合は本当に「何となく転職」を考えてみたのです。

何も仕事でなかったといえば嘘になるかもしれませんが、根本的な理由は特にありませんね。

何となく転職してみたいと思ったものですので・・・。

まぁ、殆どの人が仕事上で何かを抱えながら転職を決意する人や、何か他にやりたいことができて転職を決意する人が多いと思います。

そこで何となく転職する派の僕が、「転職」について考えてみたいと思います。

何となく転職する派なんて殆どいないと思いますが、参考程度にどうぞ。

こんな人は転職したらいいのでは?

基本的に転職に悩む人は考えすぎている可能性が高いです。

悩む理由にもよりますが、仕事が順調じゃない人に限って転職を諦め、中途半端に仕事を続けている。

それって、企業にとってもメリットが少ないですし、自分にとってもメリットが少ないですよね?

中途半端に働かれて嫌々仕事をする人がいますが、そんな人がいることにより真面目に働いている人の悪影響になるんです。

そういう人はとっとと転職してくれても構いません

おそらくですが、この記事を読んでいる人はそんな人ではないと思っています。

中途半端な人間はこんなところに来ませんので・・・。

他にも自分のやりたいことや目標が明確なのであれば、転職活動を進めてください。

この先は読まなくていいです。時間の無駄です。

おそらくそういう人もここには来ないです・・・。

この記事を読んでくれている人は真面目な人が多いでしょう。真面目だからこそ悩んでしまうんですよね。

「このまま一生この仕事でいいのか?」とか「自分の本当にやりたいことはないのか?」と思うんでしょうね。

実際僕もそうでしたからわかります。

自分の事を真面目だというのは少し恥ずかしい気もしますが、周りから真面目だといわれていたんで多分そうなんでしょう。

実際は仕事上で嫌なことが重なり、最終判断で転職しようと思ったわけですけどね。

「一生この仕事でいいのか?」と考えた事は本当です。

こんな人は転職しないほうがいい

仕事上で不満を持っていても、人間関係がうまくいっている人は転職はしないほうがいいでしょうね。

あとで後悔することになりますよ。

仕事だけで不満を持っている人は、別の職場になったとしても同じような内容で不満を抱えるんです。

そしてまた、退職して転職しての繰り返しを行うんですね。いかに時間が貴重なのかを全然わかっていない。

そんな人は転職しないほうがいいです。

まずは今の現状と向き合って、改善策があるか考えてみてください。

仕事だけに限らず、人間関係だけで悩んでいる人も、まずは出来ることを考えてみてください。

配属された部署が合わない人が多いなら、部署を変えてもらうという方法だってありますよね?

仕事内容も人間関係も両方とも合わない人は、転職への道をお勧めします。

転職を給料で判断する人がいますが、それはそれだけの能力がある人なら転職してもいいと思います。

ただ、何も能力がないのであれば、給料だけでの転職はやめたほうがいいですよ。

僕の知り合いにも、正社員として働いていて給料が不満だけで辞めた人がいますが、中々次が見つからず、実際に今は派遣社員として給料が下がって生活している人はいます。

先ほど「中途半端な人はさっさと転職したほうがいい」と書きましたが、本当はしっかり考えて転職したほうがいいのです。

まぁ、先ほども言いましたが、中途半端な人はこの記事を読まないと思いますけど。

本気で転職を悩む人はこうしよう!

ここまでこの記事を読んでくれている人は、確実に真面目な方なのだと思います。

そして、本気で転職を考えている人なのではないでしょうか?

そんなあなたに、僕が転職活動に踏み出した方法を紹介します。

それは・・・。

何となくです!

・・・は?っと思うかもしれませんね。

この記事の題名でも書いている通りに、僕は何となく転職を始めたのです。

本文の途中で、「実際には仕事上で嫌なことが重なり」とありますが、それも本当でなんです。

それじゃあ、何となく転職じゃないじゃん!って思う人がいると思いますので説明します。

僕は転職を考えた当時は仕事が嫌で嫌で仕方がありませんでした。仕事内容はおろか、人間関係も上手くいかなかったんです。

それだけではありません。僕は真面目な性格のせいで無理して仕事に取り組んだのです。

無理して無理して、その結果が体調を崩し仕事が平常通りに出来ない状態になってしまったんです。

ここまで聞けば理由ありすぎだろ!っと思うかもしれませんね。

ですが僕は、ある日突然とこの状況を克服しました。本当に急にです。

気づいたら全然苦じゃなくなっていたんです。

実際にその当時には仕事が自分の型にはまり、うまくいきだしたのかと思ったのですが、考えてみることにしました。

なんで苦じゃなくなったのか?

それはですね・・・。

考えることを辞めたからなんです

実際に僕は何も考えていませんでした。仕事内容も人間関係もどうにでもなればいいと思い、吹っ切れていたんです。

そこからです。「何となく転職しよう」と思ったのは。

おそらくですが、それは仕事が上手くいき始めたからとか、人間関係が上手くいき始めたからが理由ではないのです。

考えることを辞めたからなんです。

人は不思議なもので、考えれば考えるほど別の事を理由にして転職への道を遠ざけるんです。

転職しても、「転職した会社で上手くやっていけるのかどうか?」「今の安定した給料を手放したくない。」「転職した先は将来があるのか?」

実際は体調が崩れそうで真面目に働いている人が、こうして無理を虐げることによって、良い人生を送ることができないんです。

僕は現在は転職活動の身ですが、全然不安ではありません。

実際に生活なんてものはアルバイトだけでもやっていけるもんです。

深く考えなくていいんです。給料が低くても僕は今の生活に幸せを感じていますから。

4.まとめ

現在進行形で転職を考えている人はとりあえず、何が原因なのかを考えてみてください。

仕事内容にしても、人間関係にしても、何かしら改善策はあるはずです。

それでもだめなら、さっさと転職活動に移ってください。考えている時間が無駄です。

時間は無限ではなく有限ですので、自分の時間をしっかりと考えた人生を送ってください。

正直、僕は言ってることが曖昧な感じがすると思いますが、転職するか転職しないかはあなたが決める事です。

僕は悩むぐらいなら「何となく転職」という感じで、気軽に転職してみてもいいかと思います。

他人事みたいで申し訳ないですが、他人事ですので・・・。

ただ、僕は悩んでいるときに2年以上時間の無駄をしてしまいましたので、本当にもったいないことをしました。

僕のようにこの記事を読んでくれているあなたにも、時間の無駄を味わってほしくない事は事実です。

以上が僕が考える「何となく転職」してもいいのではないか?っと思った内容でした。

これから転職活動を考えている人の、少しでも参考程度に役立つ事ができればいいと思っております。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

それでは、また。


10代・20代の転職におすすめの転職サイト・エージェント・資格とは?

おすすめの転職サイト5選