転職時に「悩みすぎて」行動できない人とは?|悩みすぎる3つの原因

転職するにしても様々なことを考え、悩みすぎて行動できない人はいるのではないでしょうか?

長く仕事を続けていると、誰もが一度は転職を考えたことがあると思います。

転職したいけど、最初の一歩が踏み出せない。そんな方に悩みすぎる3つの原因を紹介します。

悩みすぎる原因1:環境変化の不安

悩みすぎて行動できない人の一つの原因として、「環境変化の不安」があげられます。

環境が変われば、仕事内容、人間関係、福利厚生、収入、残業、勤務日数、通勤経路など、様々な部分が大きく変わります。

仕事内容なら、現職と同じ業界に転職したとしても、その会社ならではのやり方があります。基本的なことが同じでも、部分的な所は変わってくるでしょう。

人間関係では、転職すれば全ての人が新入社員です。新しい職場に慣れるまでは時間が要することになります。

「新しい仕事は上手くできるのだろうか?」や「転職先の人と上手く馴染むことができるのか?」

または、「残業は多いのか?」「休日出勤はどうなのか?」

このように一つ一つの要因が、不安を呼び起こす原因となるのです。

実際に転職活動を始めようと思っていても、現職の環境に慣れてしまっているため、なかなか行動に移すことが難しいのです。

悩みすぎる原因2:転職の転機は今か?

転職をするのに悩みすぎる原因として、「転職の転機」があげられます。

転職の転機とは、今最適な転職時期なのか。という事です。

仕事をする上で壁にぶつかったり、嫌なことが続いて、転職を考えることがあるでしょう。

毎日毎日、家と会社の往復、同じ作業の繰り返し。そんなことを思うようになれば、転職の転機が来たのかもしれません。

転職を考え、悩みすぎて行動できない人は気づいていないだけなのです。

新しい環境をあなたが欲しているということを、、、。

悩みすぎている人は、今一度自分に問いかけてみてください。そうすれば、わかることがあるかもしれません。

悩みすぎる原因3:会社の将来性はどうか?

転職を悩みすぎてしまう人には、もう一つの特徴があります。それは、会社の「将来性」はどうか。ということです。

現職に何年もいる状況に慣れてしまっているため、会社が潰れる不安は少ない状態に近いのです。

何年も働いている実績がある事で、現職の安定を意識してしまっているのでしょう。

転職先よりも、現職の方が「将来安泰なのではないだろうか?」と考え、不満を抱えながら現職に留まり続けるのです。

考え方は人それぞれですが、会社の将来性なんてのは一会社員がわかることではありません。

将来性を考えるくらいなら、あなたの本当にやりたいことを貫き通した方が断然将来のためになるでしょう。


10代・20代の転職におすすめの転職サイト・エージェント・資格とは?

転職に役立つおすすめの資格

転職に役立つ書籍