転職の悩み|内定後に辞退を迷う人が冷静に確認するべきこと

転職活動を行い、内定を確定したが、内定後に入社を辞退してしまう人っていますよね。そんな悩みを抱えている方が、内定辞退を後悔しないために確認するべきことを紹介します。

内定先の収入

転職先の内定が決まったら、まずは収入を確認するべきです。現在の収入と、内定先の収入。両方を比べた時の差額はいくらか?、を確認します。

「収入」と言っても、種類に分け分類します。年収、月収、賞与(ボーナス)大きく分けてこの3つです。

「年収は増えたのか、減ったのか?」「月収は安定してもらえるのか?」「賞与はあるのか、倍率はどれくらいか?」など。

現在のライフスタイルに合う金額を得ることができるのかどうかを確認してください。

生活をする上で収入は欠かせないものになってきます。ですので、冷静に分析することを推奨します。

ライフスタイル

次に重要視するのが、ライフスタイル。転職することによって、生活リズムが大きく変わってきます。

会社への出勤、通勤、退社時間や、残業時間、休日日数など。日々の生活リズムを大きく変えるのが転職です。

自分のライフスタイルが崩れてしまい、「転職は失敗だった、、、。」なんて思わないように、しっかりと生活リズムを確認しましょう。

現在のライフスタイルに合う、生活リズム。自分の中で、これだけは譲れないと思う理想のライフスタイルを確定してみてください。

社内バランス

内定先で気になるのが、社内の人間関係。会社勤めで避けては通れないのが、社内コミュニケーションです。

仕事をする上で人間関係はつきものです。現在の仕事で人間関係が原因で転職している場合、また同じような内容で転職をする可能性があるかもしれません。

そうならないためにも、社内情報(社内の人はどんな人がいるのか?)をしっかり確認しておきましょう。

他にも内定先の考えは、「チームワークを大切にするのか?」それとも「個人、一人一人の能力を大切にするのか?」など。

確認方法

内定先の社内バランスを確認する方法は2つです。

確認方法1.転職エージェントなどのサービスを使っているのなら、担当エージェントに聞いてみるのも一つの手です。

確認方法2.エージェントを利用していない方は、社内評判(口コミ)などのサイトで内定先の会社を調べるのもありでしょう。

会社と自分自身のバランスがしっかりとれる内定先かどうかを分析してみてください。

内定先の仕事内容

内定が決まったら、仕事内容は把握しておきましょう。おそらく、企業に応募する前に大体の事は調べて転職活動をしたと思われます。

ですが、今一度確認してほしいことがあります。それは、「前職と同じ仕事内容かどうか」というところです。

転職理由により意識は変わりますが、転職理由が仕事内容だった場合、同じような職種・業種による転職は少し考えてもらいたい。

仕事内容は好きだが、「給料が納得いかない」などのキャリアアップなら止めはしない。だが、上記の場合だと踏みとどまってください。

おそらく、仕事内容が不満で他の同業種に転職した場合、他企業に行っても長続きしない可能性が出てきます。

なぜなら、結局は同じような仕事内容に必然となってしまうからです。

確かに、環境が変わることにより仕事が上手くいくことがあります。ですがそれは、別に問題があったという事です。

仕事内容が同じ職種・業種の転職なら、まずは「他に原因がないか?」を調べてからの転職をおすすめします。

まとめ

以上が転職後の悩みであり、内定後に辞退を迷う人が確認するべきことを紹介しました。

転職の考えは様々です。収入、ライフスタイル、人間関係、仕事内容、大きく分けてこの4つが重要視するべきことでしょう。

転職を後悔しないためには、しっかり現状と今後を見直し、これからどうしていけばいいのかを冷静に分析することです。

そして、最終的な判断はあなたが自分自身で決める事です。周りの意見がどうとかではありません。あくまで参考程度にすればいいだけです。


10代・20代の転職におすすめの転職サイト・エージェント・資格とは?

転職に役立つおすすめの資格

転職に役立つ書籍