「医療・福祉職」におすすめの資格5選|転職時に有利に働く!

医療・福祉系に職を探している人は、多いと思います。競争率の高いで、他者と差別化をはかるのなら、目に見える資格が一番でしょう。

医療・福祉職を目指して就職・転職を考えている人に、転職に有利なおすすめの資格を紹介します。



歯科助手

歯科助手とは、受付や会計の仕事に加え、医療の現場もアシストを証明するための資格です。

歯科医師に器具を渡したり、患者さんに声をかけてリラックスさせてあげたり、歯科助手は歯医者さんにとって欠かせない存在です!

人と触れ合い、人気がある歯科関連の職務を目指している人におすすめの資格となっています。

全国で通用する資格!

歯科助手の技能は全国共通です。どの地域の歯科医院でも通用する資格です。

専門分野に思われ、難しい印象があると思いますが、初心者でも安心して学ぶことができる資格となっています。

就職・転職に有利!

歯科関連の医療現場であれば、必須の資格となります。

歯科医院の数は安定しており、全国で多くの求人が募集しています。そこで働く歯科助手の存在も、常に安定して求人が見込める。

また、好不況に関わらず、こどもからお年寄りまで歯科医院は多くの人が利用するものです。歯科助手は景気にも左右されにくい、安定した職業と言えます。

看護助手

介護助手とは、看護師と似ているように思われますが違います。

職場が病院という点では同じですが、お仕事の内容は大きく異なります。

看護師になるには国家試験の受験が必要ですが、看護助手には国家試験はありません。

看護師と違い、看護助手は医療行為は行うことがありません。採血や注射などの専門的な業務は、看護師が行いますので、医療の難しい知識は求められません。

基本的には医療をサポートする比較的に働きやすい仕事となっています。

未経験でも働けます!

看護師の負担を軽減するため、看護チームの一員として、看護助手のニーズが高まっております。

看護助手の求人は「未経験でも可能」とされていることが多いので、仕事につきやすいことも魅力と言えるでしょう。

やりがいのあるお仕事です!

看護師も看護助手も、患者さんを思いやり、あたたかく接してサポートする、という点では同じです。

人と接するのが好きな方や、未経験だけど病院で働いてみたい!という方に、おすすめの資格・仕事と言えるでしょう。

登録販売者

登録販売者とは、ドラッグストアや薬局などで一般用医薬品(風邪薬や鎮痛剤など)の販売ができる医療品販売専門資格です。

登録販売者がいれば、一般用医薬品の大多数を占める大二類・第三類医薬品の販売が可能になる。そのため、企業にとって大きな戦力になるのです。

ニーズが高く、就職・転職に有利に働く注目の資格となっています。

資格取得のメリット!

メリット1、登録販売者は企業にとって大きな戦力です。一般用医療薬品を扱う様々な小売業への就職・転職に強い武器となっています。

メリット2資格手当で収入がアップします。ドラッグストや薬局では、資格手当を設けていたり、時給を高く設定しているところもあります。

メリット3、全国どこでも職場が見つかる!ドラッグストアは日本中に存在しているので、職場が見つけやすいです。家の近くで働くことも可能ですし、引っ越しても安心して働く場所を見つけることができる。

メリット4、医薬品について幅広い知識を学べるので、一人一人にあった医薬品が自信をもってお勧めできるようになり、お客様からの信頼アップにもなります。

また、家族や身近な人にもお勧めできる医薬品を紹介できます。



社会福祉士

社会福祉士とは、高齢者や障害者など福祉サービスを必要とする人の相談に応じ、助言や援助を行うのが仕事であり、福祉サービスの専門家です。

専門的な知識と相談知識を持ち福祉社会を支える専門職として、有資格者は高い評価と信頼が得られます。

社会福祉士は人材不足!

住宅ケアサービスや優良老人ホームの増加もあり、社会福祉士の社会的ニーズが高まる一方、有資格者は人手不足。

現在、介護や福祉の仕事に携わっている方のキャリアアップはもちろん、福祉大学や養成施設で勉強中の学生の方にとっても、就職・転職の強い武器になります。

福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障害者にとって「安全で安心して暮らせる住まい」を提案するアドバイザーとなります。

生活の基本である「住宅」についての知識が学べるので、仕事はもちろん、毎日の暮らしにも活かすことができ、誰にとっても役に立つ資格です。

高齢社会の現在では、この資格の必要性が高まっています!

現代は全人口の4人に1人が65歳以上という超高齢者社会。「誰もが安心して暮らせる住まい」を作り出すスペシャリストとして、福祉住環境コーディネーターは、様々な業界で必要とされる存在となっています。

今後、さらなる高齢化が予測される中、ますます福祉環境コーディネーターの活躍が期待できる。

就職・転職に有利!

福祉住環境コーディネーターの資格は、医療・福祉関連の仕事を目指している人におすすめの資格となります。

幅広い知識が身につくことで、今の仕事のスキルアップにつながり、自信をもって仕事に対応できるようになるでしょう。

専門知識とそれを裏付ける資格があれば、就職・転職も有利に働きます!




10代・20代の転職におすすめの転職サイト・エージェント・資格とは?

転職に役立つおすすめの資格

転職に役立つ書籍